高時給を狙う方法はある?

家庭教師は、経験をしっかり積んで生徒からも信頼されるような教師になれば高時給を狙うことは十分に可能です。加えて最も高時給を得やすいのは、どれだけの実績があるかという点にかかっています。例えば成績が2や3だったのを5にした、とか合格圏外だった志望校に見事合格させたなどの実績はかなり大きなプラスになります。大きな目標を達成させられることができればできるほど高時給を得る可能性が高くなるのです。

当然、本人も日々、授業のスケジュールの組み立てや指導方法について学習計画をしっかり立てて授業前の準備をしなければいけませんし、こういった作業にもかなり時間を取られることになります。もはやバイトといえども、かなり綿密な仕事計画が必要になるのです。ですから家庭教師のバイトということを軽く考えていては高時給を狙うことは到底難しいことだということを自覚しておくべきでしょう。

高時給をもらえる家庭教師は、その報酬に見合った実力を蓄えていなければならないのです。プロとしての家庭教師として認定されると派遣会社に所属していてもかなりの高時給が提示されるようになりますから良いことずくめではあります。最初から高時給をもらえるものではないので、コツコツと実績を積んでいくことに注力しましょう。

派遣の場合の給料相場

家庭教師を自分で見つけるのは面倒という人は、家庭教師派遣センターなどに登録して仕事を見つけることになります。家庭教師の派遣会社ですと学習のカリキュラムもしっかりしており、指導方法についての研修などの制度もあったりするので家庭教師が初めてという人には安心して始められる方法だと言えます。派遣会社を通した家庭教師ですと何かトラブルがあっても会社が間に立ってくれるので、そういった面では守られているという立場なので大学生なら特にやりやすいかもしれません。

しかし、派遣会社を通すということは、マージンを取られてしまうので例えば親御さんは2000円の自由で支払っていたとしても家庭教師が手にできるのは1500円程度になってしまうことになります。ですから、こういう給与体系に不満を持って、数年経験を積んだ後に独立して個人的に家庭教師をする人が多いのです。

派遣での給料相場は個人での給料相場よりもかなり落ちるので、まずは家庭教師派遣会社からの指導方法のノウハウをしっかりと身につけて家庭教師としての実績を積むように努力して早く独立できるようにするのが派遣会社の上手な使い方かもしれません。ただ、これも性格によると思いますが、面倒なことが嫌いな人には少々時給は安くても派遣会社をずっと利用するのが気軽に働けて良いかもしれません。